痴女体験について

このテーマはまさに私の為にあると言っても過言ではないと思います。と言いますのも私は風俗に行くのですが、ほとんどが痴女系の風俗店にしか行きません。

要するにMっ気が強いのだと自己分析をしています。かと言って何時も会社でMっ気を出しているかと言うと、決してそうではなく、逆に部下を怒ったりして『先輩はドSですね』と言われる位です。

でもそれは本当の自分ではなくあくまでも会社の顔なのです。

なので、風俗に行く時は必ず一人ですし、今日はどの痴女のお店にしようかと探すのがとても楽しみなのです。

そんな痴女プレイが出来るお店も都内にも実は沢山ありますが、でも値段は普通のヘルスなどに比べるとやや高めなのですが、どうしても通ってしまうのが本当の痴女好きの証拠なのかも知れません。

普通のヘルスでは大体平均すると60分16000円位かかりますが、でも痴女系のヘルスは同じ60分で24000円位するので決して安くはありません。

しかし大の痴女好きにはお金がなくても行かずにはいられない、今や行かないと精神崩壊していまいそうな、自分のバランスを保っている存在となっています。

また、最近の痴女系のお店では従来からの店舗系の所の他に、デリヘルの様にホテルでプレイをする形の物も増えて来ています。これは受付をする事務所が別の所にあって、そこでプレイをする女の子を選んで、お金を払う言わば事務処理を行う為の所になります。

しかし、このスタイルも慣れて来ると女の子も電話やネットで指名ができ、料金はホテルで女の子に直接払うと言うシステムが取れるお店もありますので手間が省けてとても便利です。

なのでもちろん言葉攻め、手コキ、つば垂らしなどやられたい放題ですし、ホテルなので声も出し放題なのです。

通常運転のヘルスでは何もなくフェラや素股でフィニッシュしますが、なのであれば私は断然隠語で罵倒されながら、手コキでイカされる方が数倍気持ちが良いのです。

また、その気持ち良さを何倍にもしてくれるのが問診票です。最近の痴女系のお店なら大体あります。これはイメクラの様にある程度ストーリー性を持ったプレイが出来るのでプレイ中に呼ばれたい名前やシチュエーション、そして女の子に来て欲しいコスチュームなどを選ぶことが出来ます。更には時間内に何回発射できるか?
最後のフィニッシュは何が良いか?までもかなり細かく指定が出来ます。ですのでこれが普通のヘルスとは違う所になりますし、お金が高くても仕方がないかなと思わせる部分になります。

最後になりますが大体の痴女系のお店では3Pコースという物があります。

これは名前の通り貴方一人に対して女の子が2人です。

お金がその分かかりますが、でもただでさえ物凄く興奮する痴女系プレイなのにましてや女の子が二人だなんてどうなってしまうのかと思いますよね。そうなんです。

私の経験から申し上げますとハッキリ言って現実逃避します。

もうこのままどうなってしまっても良いと思いましたね。

ですのでボーナス時期などお金に余裕がある時に痴女好きの方であれば是非お勧めです。